視力回復手術 レーシックで失敗しない

視力回復手術 レーシックで失敗しない

レーシック (視力回復手術) で失敗しない


 
レーシックで失敗しないレーシック

レーシックとは
角膜をめくり、フラップ(蓋)を作成、その内側に視力回復用のエキシマレーザーを照射、角膜の内部を削ることでピントが合うように補正します。その後、めくったフラップを元に戻します。
手術時間もわずか15分程度です。エキシマレーザーの照射時間は数秒〜1分位しかかかりません。

フラップとは
角膜を薄皮一枚めくったフタの部分の事です。イメージとしてマンホールのフタを開けて、レーザーを照射しフタをするイメージです。フラップを作成する際にマイクロケラトームを使用します。

マイクロケラトーム
マイクロケラトームとはレーシックで使用される、角膜を正確に薄く削りフラップ(フタ)を作るための、カンナのようなものです。このマイクロケラトームで角膜にフラップを作ります。マイクロケラトームを使用した場合フラップの厚さは約160ミクロンと言われています。

イントラレーシックと比較したデメリット

マイクロケラトームを使用した場合、ブレードの往復運動で生じるフラップの微小なスジが、術後の視界のクリアさなどを低下させることがあり、夜間に灯りの周囲がボヤけて見えるハロという副作用が起こる可能性があります。イントラレーシックと違い医師の技量により差が出る可能性があります。

イントラレーシックは下記のクリニックで実施しています。TOPクラスの実績を誇るクリニックです。
品川近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
錦糸眼科
銀座近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
 
HOMEへ
レーシックをどこで受けるか
信頼できるクリニック(眼科)
レーシックの安全性
レーシックの対象者
レーシックは主に2種類
レーシック
イントラレーシック
主な副次作用・リスクなど
ドライアイ
その他主な副次作用
コンタクトレンズのリスク
人気クリニックのご案内
品川近視クリニック
錦糸眼科
神戸神奈川アイクリニック
銀座近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
より詳しく学ぶ
レーシック無料説明会
知ってる人も受けている
レーシックを受けた著名人
 

サイトマップ│リンクについて│運営免責事項│リンク集 
レーシックで失敗しない(後悔しない)ためにも、最低限の知識と信頼できるクリニック(眼科)を見つけましょう。
copyright.(c) 視力回復手術 レーシックで失敗しない all rights reserved.