視力回復手術 レーシックで失敗しない

視力回復手術 レーシックで失敗しない

レーシック (視力回復手術) で失敗しない


 
レーシックで失敗しないその他主な副次作用

ハロ
夜間、街頭の明かりなどを見たときに光の周囲がぼんやりとして霧がかかったように見える状態。強度の近視の方は似ている体験をした事があると思います。メガネをはずした時に信号がボヤっーとにじんで見える症状にとてもよく似ています。イントラレーシックの場合マイクロケラトーム(フラップを作成する眼球専用の超小型電動カンナ)を使用しないので、レーシックに比べハロの発生率は少ないです。

グレア
強い光を見たたとき、眩しさを感じて対象物が見にくくなります。

夜間近視・コントラストの低下
昼夜の移行時で見え方の鮮明度が低下したり、夜間になると視力が低下します。

イントラレーシックは下記のクリニックで実施しています。TOPクラスの実績を誇るクリニックです。
品川近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
錦糸眼科
銀座近視クリニック
SBC新宿近視クリニック

 
HOMEへ
レーシックをどこで受けるか
信頼できるクリニック(眼科)
レーシックの安全性
レーシックの対象者
レーシックは主に2種類
レーシック
イントラレーシック
主な副次作用・リスクなど
ドライアイ
その他主な副次作用
コンタクトレンズのリスク
人気クリニックのご案内
品川近視クリニック
錦糸眼科
神戸神奈川アイクリニック
銀座近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
より詳しく学ぶ
レーシック無料説明会
知ってる人も受けている
レーシックを受けた著名人
 

サイトマップ│リンクについて│運営免責事項│リンク集 
レーシックで失敗しない(後悔しない)ためにも、最低限の知識と信頼できるクリニック(眼科)を見つけましょう。
copyright.(c) 視力回復手術 レーシックで失敗しない all rights reserved.